オリンピック後のなでしこジャパンで見所選手

なでしこジャパンのみどころ選手

ここ数年、サッカー界で旋風を巻き起こしてきたのが、なでしこジャパンです。
リオオリンピックについても活躍が期待されていたのですが、最終予選において負けが続いてしまい、出場はなりませんでした。
しかし、今後も注目しておきたい選手がいますので、紹介していきましょう。

 

今後も注目しておきたい選手は?

 

リオオリンピックの最終予選のメンバーは、安定感のある選手を優先した構成になっていたと言えるでしょう。

 

過去の実績からすれば、現在のメンバーは選ばれて当然と言えるかもしれませんが、リオオリンピックを逃してしまった現状では、次の東京大会などで活躍できるであろう若手選手を紹介してみます。

 

楢本光選手、田中陽子選手、仲田歩夢選手などヤングなでしこと呼ばれるメンバーについては、今後も活躍が期待できるでしょう。
また、U17などの若手にしても世界でトップクラスの実力を誇っていますので、今後のオリンピックメンバーとしても十分期待できます。
海外組も増えてきているなでしこジャパンですが、若手にも注目していきましょう。

 

 

リオオリンピック後のなでしこジャパン見所選手

 

現在の選手で注目なのは?

 

では、現在のメンバーとして注目の選手としては、やはり宮間あや選手は外せません。
伝説的な選手であった澤穂希選手の後継者という意味あいも強く、日本代表の要とも言える存在だからです。

 

フリーキックからのセットプレイには定評があり、まだまだ現役でがんばってくれそうな選手だと言えます。

 

さらに澤選手から背番号10を引き継いだ大儀見選手も注目の選手でしょう。フォワードとしての能力が高く、決定的なチャンスをモノにするだけの力がありますので、今後も期待できます。

 

最後にゴールキーパーの山根選手をあげておきましょう。

 

187センチの身長は世界でも十分に通用するだけのものがあり、高さだけで言うのであれば男子のゴールキーパーとも遜色がないほどです。
全体的に小柄な選手が多いなでしこの中では、身体的に世界に通用する数少ない人物ですので、名前を覚えておいて損はないでしょう。

 

 

 


 
東京のおすすめのダイエットジム