東京オリンピックサッカーの楽しみ方

東京オリンピックでもサッカーを楽しむために

 

東京のオリンピックサッカーの楽しむには?

2020年の東京五輪サッカーを最大限に楽しみたいのなら、いくつか覚えておきたい専門用語がありますので、紹介しましょう。
サッカー通の人からすれば、今さらな言葉かもしれませんが、初心者の人は覚えておけば通ぶれるかもしれません。

 

基本的な言葉を知っておこう

 

まず最初に覚えておきたいのがアディショナルタイムです。
これは昔でいうところのロスタイムになります。

 

サッカーの場合、野球などとは違って試合は時間制で行っているので、けが人や選手交代などで中断してしまった時間を補填するためのものです。
45分という時間の中で、中断した時間分が後に追加されます。

 

これをアディショナルタイムと言い、延長戦の場合はエクストラタイムという形です。
つい昔の感覚でロスタイムと言ってしまう人も多いでしょうが、アディショナルタイムなのでしっかり覚えておきましょう。

 

戦術的な用語を使うと格好いい?

 

サッカーを見ていると時に戦術的な意味で用語を使うと格好良いかもしれません。

 

例えばですが、カウンター攻撃というものがありますが、同じカウンターの中でもショートカウンターという言葉があります。

 

一般的にカウンター攻撃とは相手に攻めさせておいて、相手の守備が手薄になったところをゴールに近い位置から一気に攻めに転じることを指します。
このボールを奪って反撃する位置が、相手のゴールに近い場合のみをショートカウンターと呼ぶのです。

 

このように僅かな違いではありますが、専門用語を織り交ぜてみると、通っぽく見えることでしょう。
最近良く使われる言葉としては、ダイアゴナルランというものがあります。

 

これはフォワードの選手がする動きのことで、フィールドを斜めに走ることによって、ディフェンスの裏へと抜けていくことです。
ディフェンスの裏に抜けることで、フリーでボールを受けられますので、ゴールを決める確率が高くなります。

 

似たような言葉ではデコイランというものも覚えておくと良いでしょう。
単純にデコイと略すこともあるのですが、これは相手のディフェンスをひきつける囮のことです。

 

東京の格安ダイエットジム

 

 

 

 

関連ページ

サッカーでのセットプレーやポストプレーとは何なのか?
オリンピックで日本のサッカーに関して、リオオリンピックでの活躍に関してまとめました。 これから東京オリンピックの和田になどにも触れていきます。
オリンピックとワールドカップの違いは?
オリンピックで日本のサッカーに関して、リオオリンピックでの活躍に関してまとめました。ここではサッカーの聞きたくても聞けない、基礎知識をまとめました。
オリンピックサッカーのオーバーエイジ枠とは?
オリンピックで日本のサッカーに関して、リオオリンピックでの活躍に関してまとめました。 ここではオリンピックサッカーのオーバーエイジ枠を解説します。
オリンピックサッカーの登録人数は?
オリンピックで日本のサッカーに関して、リオオリンピックでの活躍と解説をまとめました。 ここではオリンピックの時のサッカーの登録人数を解説します。
サッカーでオフサイドのルールとは?
オリンピックで日本のサッカーに関して、リオオリンピックでの活躍に関してまとめました。 ここではオリンピックの時のサッカーの登録人数を解説します。
イエローカード・レッドカードの反則とは?
オリンピックで日本のサッカーに関して、リオオリンピックでの活躍に関してまとめました。 ここではサッカーの反則行為を解説していきます。登録人数を解説します。

 
東京のおすすめのダイエットジム