サッカーのイエローカード・レッドカードの意味は?

サッカーの反則の種類とイエローカード・レッドカード

 

イエローカード・レッドカードの反則とは?

 

サッカーの試合中に、イエローカードやレッドカードが出されることがあります。
 
それは違反行為をしたからなのですが、その基準はどこにあるのでしょうか。
 
サッカーの場合は審判の独断で決められるのですが、ある程度の基準が設定されているようです。

 

・イエローカードやレッドカードがでる違反はなに?

 

サッカーでは反則行為のことをファウルと言います。
ルールブックによると、イエローカードが提示されるのは7つの項目のうち、1つでも違反した場合に提示されるそうです。

 

反スポーツ的な行為、言葉や行動で審判に異議を唱える、競技規則を何度も違反する、プレー再開の遅延行為などが代表的なものになります。

 

具体的にどんな行為が該当するのか言いますと、反スポーツ的な行為というのはプレー中に私情で相手を殴ってしまったりが該当するでしょう。

 

この場合はイエローカードではなく、レッドカードで一発退場になる可能性が高いです。
プレー再開を遅らせるというのは、コーナーキックやフリーキックなどでなかなかボールを蹴らないなどでしょう。
つまりはスポーツマンらしくない行動にはイエローカードが出される可能性があると言っても過言ではありません。

 

レッドカードの場合はどうなの?

 

レッドカードの場合はイエローカードよりも悪質な行為に用いられます。

 

ただし、イエローカードが2枚出されてしまいますと、レッドカード相当に該当しますので、2枚あわせてレッドカードを提示します。
では、具体的なレッドカードの基準なのですが、こちらも7項目あります。

 

著しく不正なファウルプレー、乱暴な行為、相手や観客、審判につばを吐く、攻撃的や侮辱的な言動をするなどが代表的です。

 

また、サッカーではハンドといって手を使うことはルール違反なのですが、これを故意に行うのもレッドカード対象になります。
特に乱暴な行為が良く取り上げられるものでしょう。

 

サッカーも身体が接触するスポーツですので、ある程度は相手と激しく身体をぶつける競技です。
しかし、それも行き過ぎてしまってはレッドカードに該当すると覚えておきましょう。

 

 

 

関連ページ

サッカーでのセットプレーやポストプレーとは何なのか?
オリンピックで日本のサッカーに関して、リオオリンピックでの活躍に関してまとめました。 これから東京オリンピックの和田になどにも触れていきます。
オリンピックとワールドカップの違いは?
オリンピックで日本のサッカーに関して、リオオリンピックでの活躍に関してまとめました。ここではサッカーの聞きたくても聞けない、基礎知識をまとめました。
オリンピックサッカーのオーバーエイジ枠とは?
オリンピックで日本のサッカーに関して、リオオリンピックでの活躍に関してまとめました。 ここではオリンピックサッカーのオーバーエイジ枠を解説します。
オリンピックサッカーの登録人数は?
オリンピックで日本のサッカーに関して、リオオリンピックでの活躍と解説をまとめました。 ここではオリンピックの時のサッカーの登録人数を解説します。
サッカーでオフサイドのルールとは?
オリンピックで日本のサッカーに関して、リオオリンピックでの活躍に関してまとめました。 ここではオリンピックの時のサッカーの登録人数を解説します。
東京のオリンピックサッカーの楽しむには?
オリンピックで日本のサッカーに関して、リオオリンピックでの活躍に関してまとめました。 ここではオリンピックの時のサッカーの楽しみ方を解説します

 
東京のおすすめのダイエットジム