サッカーでオフサイドとは?

サッカーでオフサイドのルールとは?

サッカーでオフサイドのルールとは?

サッカー初心者の人が最初に戸惑うであろうルールがオフサイドです。
 
このオフサイドをしっかり理解するかどうかで初心者かどうかが判断できるくらいに基本的な事項ですので、わかりやすく解説をしてみましょう。

 

オフサイドは待ち伏せの禁止?

 

オフサイドは説明するのが難しいのですが、端的にお伝えするのなら待ち伏せの禁止になります。
これを念頭に置いておくと、非常にわかりやすいです。

 

 

では、具体的な説明をしていきましょう。

 

サッカーではゴールキーパーの前にディフェンス陣が並んでいます。

 

その中で、最もキーパーに近いディフェンスがいるところを、オフサイドラインと呼ぶのです。

 

試合が開始したばかりですと、ディフェンス陣は横一列にならんでいることが多く、その場合は並んでいるラインがそのままオフサイドラインとなります。

 

攻撃側の選手はこのオフサイドラインを超えた場所で、ボールを受け取ってはいけないというのがオフサイドの骨子です。

 

攻撃側の選手がこの待ち伏せをしている選手にパスを出した時点でオフサイドという反則になります。
つまり、味方選手がパスを出すまではオフサイドラインよりもゴールに近づくことができないと言い換えても良いでしょう。
攻撃側の選手は相手ディフェンスの裏に抜けることを考えるのですが、味方とタイミングがあわなければオフサイドになってしまうのです。

 

どうしてオフサイドなんて反則があるの?

 

では、どうしてオフサイドという反則があるのか考えてみましょう。
これはオフサイドがなければと考えると、とても簡単です。

 

極端な話をすれば、相手のゴール前に選手の半分を置き、自陣のゴール前に半分の選手を置く、そしてボールを奪ったらともかくロングキックでゴール前にボールを送る、このような試合展開になるからです。

 

サッカーの試合としてはつまらないものになってしまいますし、そもそも競技としての発展性がありません。
ですので、サッカーにおいてオフサイドはゲームを成り立たせるために必要なルールだと言っても過言ではないのです。

 

 

オフサイドがあるからこそダイナミックな試合展開に繋がります。

 

東京ダイエットパーソナルジム

関連ページ

サッカーでのセットプレーやポストプレーとは何なのか?
オリンピックで日本のサッカーに関して、リオオリンピックでの活躍に関してまとめました。 これから東京オリンピックの和田になどにも触れていきます。
オリンピックとワールドカップの違いは?
オリンピックで日本のサッカーに関して、リオオリンピックでの活躍に関してまとめました。ここではサッカーの聞きたくても聞けない、基礎知識をまとめました。
オリンピックサッカーのオーバーエイジ枠とは?
オリンピックで日本のサッカーに関して、リオオリンピックでの活躍に関してまとめました。 ここではオリンピックサッカーのオーバーエイジ枠を解説します。
オリンピックサッカーの登録人数は?
オリンピックで日本のサッカーに関して、リオオリンピックでの活躍と解説をまとめました。 ここではオリンピックの時のサッカーの登録人数を解説します。
イエローカード・レッドカードの反則とは?
オリンピックで日本のサッカーに関して、リオオリンピックでの活躍に関してまとめました。 ここではサッカーの反則行為を解説していきます。登録人数を解説します。
東京のオリンピックサッカーの楽しむには?
オリンピックで日本のサッカーに関して、リオオリンピックでの活躍に関してまとめました。 ここではオリンピックの時のサッカーの楽しみ方を解説します

 
東京のおすすめのダイエットジム